復縁するために必要な要素を知っていますか?

パートナーシップは人間関係の中では、もっとも親密なものです。

ですので、一番自分が出やすく、難しいものでもあります。

恋をするのは簡単ですが、それを維持するのは困難なものです。

親密であるがゆえに、自分の意見を押し付けてしまったり、
相手に期待しすぎたりしてしまいます。

相手に気持ちをわかってもらいたい。
相手をコントロールしたい。
こんなことをしたらゆるせない。

と、つい強く思ってしまうものです。

一歩引いてみると、人間そんなに完ぺきなものではありません。

特に、男はろくでもない部分を持っていたりします。

幼稚園生の女の子に、大きくなったら何になりたい?

と、質問すると・・。

幼稚園の先生とか、お嫁さんとか、実際になれるものをいいますが、

男の子に質問すると、

ガンダムとか、カブトムシとか・・

絶対になることができないもの、人間ですらないものを答えたりします。

男は、生来、こういう馬鹿なところがあります。

脳みその構造が、女性とは違うところがあるんです。

もともと、男というおバカな生き物を、女性がうまいこと飼いならして、
コントロールするのが、パートナーシップには必要な要素だったりします。

それができるのがあげまん。それに失敗するのがさげまんと、昔は言ったのかも
しれません。

では、どうすれば、バカな要素をもっている男をコントロールし、上手に関係を
続けていけるでしょうか?

それは、女性が自立していることです。

パートナーにわかってもらったり、わがままを聞いてもらうのは、心地の良いことですが、
それをうまくやれる男性ばかりではありせんし、長年やっていると疲れもします。

また、女性を分かれるほど、賢い男ばかりではありません。

男性とうまくやるには、女性がわかってもらいたがったり、わがままをいいすぎるのではなく、
男性のことをわかろうとしたり、男性のわがままを聞いてあげるようにふるまう方が、
うまく行きます。

一方的に、いつも女性の側だけがそうする必要はありませんが、バランスがとれる程度には
できた方がよいと思います。

そのような女性でいるためには、ある程度、女性が自立している必要があります。

依存ではなく、自立です。

精神的に成長すれば、相手を受け入れることだけでなく、癒すことも成長させることもできます。

それは、苦労を伴うことですが、その苦労は男性からパートナーに必ず帰ってくるものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です