看護師スタッフの体験談 想定外だったICU

04.21

こんにちは!
ハッピープロの林です。

いきなりですがさかのぼること十??年前。。
新人の頃のむかし話を…。

面接の時に内科と希望したにも関わらず、集中治療部という辞令を受けてしまった私は、
その衝撃を引きずりつつ同期2人と共に、右も左も分からない状態でICUに入りました。

病院によって違うと思いますが、私の所属していた大学病院のICUでは、
主に脳外科や消化器外科の術後の患者さんが入室していました。
そのほかに救急科の患者さんもコンスタントに入ってくる状態でしたし、
熱傷ユニットという熱傷の患者さん専用の部屋が2部屋ありました。
(循環器センターが隣接していたので、循環器系はだいたいそちらに運ばれます。)

そして時々内科から腎移植の患者さんや、重症な透析の患者さんが入室してくる…という状況でした。

1年目は、ICUのベッド数で一番の割合を占めている脳外科の患者さんから担当し、
その後消化器外科や救急科などと担当していくようになりました。

一番勉強したのもこの頃でした。
仕事が終わってからも職場に残り、資料を読んで同期とあーでもないこーでもないと話し合い、
脳外科から勉強し始めたものだからどんどんドツボにハマってしまい、
脳外科の勉強で1年終わってしまいましたf^_^;
それでも謎が謎を呼び…頭って難しいですね(°_°)

その他にも身体に繋がれている基本的な機械の操作方法だったり、
何種類かあるレスピレーターの確認方法だったり…頭の中がパンクしそうでした。

とても大変な2年間でしたが、大学病院だからこそ見ることの出来た症例もありますし、
幅広い疾患を経験出来たのは自分にとって貴重だったと思います。
今はもう知識はほぼ抜けてしまいましたが…。

行きたい科がよく分からない…という方がいらっしゃるかどうかは分かりませんが、
まずは経験!と思うのであれば、ICUもアリだと思います*\(^o^)/*


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2017年7月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る