同行訪問

10.30

こんにちは!

雨が多いですが、気分が沈んでいませんか?

今週は晴れそうですね^_^

下の子のおいも掘りがあるのでお天気の方が助かります♪

 

今月は事務スタッフMの同行訪問ブームでした(*^_^*)

と言うのも、事務スタッフだと事務所にずっとおり、みんなの訪問の話は聞いているものの、実際どういう事をしているのだろう??とか、利用者さんの疾患名を聞いたりしてもどのような生活をされているのか想像が出来ない…などのような「??」が沢山たまっていたようなんですね。

そこで、看護とSTに同行して現場を見学してみることになりました(^^)

PTはスケジュールの都合上行けませんでした^^;

看護では私の訪問している利用者さん、STは代表細野と木村のそれぞれが訪問している利用者さんを伺ってきました。

 

医療職ではない人から見た訪問看護、訪問リハはどのように見えるのかな〜と思い、感想を聞いてみました♪

事務スタッフだと指示書やレセプトなど、書面上で疾患名や訪問内容などを目にする機会は多いのですが、身近に同じような疾患の方がいない限りはどのような症状でどのような障害出るのかは全くの未知の世界だと思うのです。

 

聞いてみての開口一番は、同行してみて良かった!とのこと( ^ω^ )

今回実際に訪問することで、書面で見ていた疾患や症状と実際の利用者さんとがつながったのは、本人の中でも一番印象に残ったもののようです。

また、利用者さんに気付かれないように、訪問を時間内に終わらせられるように動いていた…という事や、利用者さんのレベルアップやより良い生活にしていくためには、信頼関係が必要なんだと感じました…と話していました。

 

そして、みんな臨機応変に動いていたね!と。

ありがとうございます\(^o^)/

事務スタッフMは褒め上手で人の良いところを見つけるのが得意なのです♪

臨機応変…というのは病院でも必要なワザですが、在宅はまた違った方向に思考がグルグル…( ̄ー ̄)

家にあるもので代用してみる…というグッズに関する事もあれば、利用者さんの状態や状況によっては予定していた内容がこなせない場合もありますので、その時その状況で一番提供したいことを考えて動く…という事もあります。

 

その場では自分しかいませんので、自分の中で最善と思われる判断をして動いていますが、時には他のスタッフのお知恵を拝借することもあります。

複数の目が必要だと感じた利用者さんには、曜日によってや週ごとに交代でスタッフが入り、利用者さんをそれぞれが見て判断出来るようにしてみたりもします。

 

みんなで考えて話し合って、より最善を目指すというのはやりがいがありますよねo(^_^)o

それぞれが訪問に出ている時間が違うし勤務時間も違うので、なかなかゆっくりみんなで話す時間が無いのですが、隙間時間を見つけて情報を共有し協力しながら今後もやっていけたら…と思っています*\(^o^)/*

 

私も気持ちを新たに頑張ろう!と思えるきっかけになりました♪

一緒に働いてみたいな〜と少しでも思った方は是非ご連絡をお待ちしております^_^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る